DQMSL
DQMSL攻略 |ドラクエモンスターズスーパーライト
「究極転生への道」攻略!立ち回り方を徹底解説!

「究極転生への道」攻略!立ち回り方を徹底解説!

最終更新 :
DQMSL攻略からのお知らせ
「海王神」「ブラストクロウ」「デスホール」が新生転生!

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の特別クエスト究極転生への道の攻略情報をまとめています。また特別クエスト究極転生への道の攻略法やおすすめ攻略パーティなどを紹介しています。

目次

究極転生への道 ドロップモンスター

ドロップモンスター

モンスター詳細
まおうのたまご???系モンスターを究極転生させるのに必要な素材。ボス/魔王の間で出現し、超低確率でドロップ。
エンぺランSランクモンスターを究極転生させるのに必要な素材。ボス/邪帝の間で出現し、低確率でドロップ。
ジェネランSランクモンスターを究極転生させるのに必要な素材。ボスで出現し、そこそこ高い確率でドロップ。
ニジゴロンAランクからSランク以上に転生させる際に必要な素材。特技は覚えておらず、道中で確率で出現し、確率でドロップ。
超マスターエッグ特技転生する際に必要な素材。特技は覚えておらず、道中で確率で出現し、確率でドロップ。
その他の転生素材モンスターはこちら

究極転生への道 攻略動画

攻略動画

究極転生への道 おすすめ攻略パーティ

動画の攻略パーティ

リーダー特性/サポート特性

リーダー特性全系統の攻撃力を10%アップ
サポート特性全系統のHPと攻撃力を10%アップ

主な使用特技

斬撃ソードクラッシュ/ダークウィップ
はやぶさ斬り/いあい斬り
補助ピオリム/バイシオン/マジックバリア
回復ベホマラー/べホイミ

構成ポイント

物理主体の構成。終盤になるにつれて敵の耐久力が高くなるので、序盤は通常攻撃中心に攻めてMPを温存。「ピオリム/バイシオン」が重要になるので、補助役は入手難易度が低く、「自動MP回復」持ちのプチットガールズ/グレドラを採用。

呪文攻略パーティ

リーダー特性/サポート特性

リーダー特性全系統の呪文ダメージを10%アップ
サポート特性全系統の呪文ダメージを10%アップ

主な使用特技

呪文サイコキャノン/プチマダンテ/ギガデイン
メラゾーマ/ライデイン
補助ピオリム/まがまがしい光
回復ベホマラー/ベホイミ

構成ポイント

呪文モンスター主体の構成。「自動MP回復」持ちのグレドラが「ピオリム」をかけて、効果が切れないようにキープ。どの戦闘も「まがまがしい光」で敵の呪文防御を下げてから攻撃する流れ。

究極転生への道 1戦目攻略

さそりアーマー
特性-
特技ピオリム/スクルト/ザオラル
弱点ギラ
てっきゅうまじん
特性自動HP回復
特技はげしいおたけび/メダパニダンス
弱点デイン
クローハンズ
特性-
特技バイキルト/しんくうは/だつりょく斬り
弱点デイン

倒す優先度

1戦目攻略法

ピオリムをかけて回避率アップ

どの戦闘も欠かせないのが「ピオリム」。1戦目から常に2段階アップ状態にして、先制率/回避率を上げよう。1ターン置きに「ピオリム」をかければ、常に効果を持続することが可能だ。

ピオリムの詳しい持続方法はこちら

さそりアーマーは優先的に倒す

さそりアーマーは「ザオラル」を打ってくる。高確率で蘇生させられるので、出現した場合は優先的に狙おう。ギラ系が弱点なので、「らいじん斬り/べギラマ」などが有効だ。

デイン系特技で攻める

てっきゅうまじん/クローハンズともにデイン系が弱点。「ホーリーラッシュ/ライデイン」などで弱点を突いて、大ダメージを与えていきたい。

究極転生への道 2戦目攻略

グレートライドン
特性-
特技マホトーン/もうどくの息/べギラマ
弱点メラ/デイン
ごくらくちょう
特性-
特技べホマラー/やけつく息
弱点メラ
ブラックドラゴン
特性AI1~2回行動
特技こごえるふぶき/マホカンタ
弱点デイン

倒す優先度

2戦目攻略法

ごくらくちょうは優先的に倒す

ごくらくちょうは「やけつく息」でマヒ状態にしてくる。回復役がマヒになると事故率が上がるので優先的に狙いたい。ギラ系が弱点なので、「らいじん斬り/ベギラマ」などが効果的。

マホカンタを張られたら防御でやり過ごす

ブラックドラゴンが「マホカンタ」を使う。呪文パーティで挑む場合は効果が切れるのを待つか、「いてつく眼光」で剥がすなどして対応しよう。

いてつく眼光を覚えるモンスターはこちら

デイン系特技中心に攻める

ごくらくちょう/さそりアーマー以外はデイン系が弱点。防御力/呪文防御力を下げて、「ホーリーラッシュ/ライデイン」で弱点を突いていこう。

究極転生への道 3戦目攻略

ヘルバトラー
特性AI1~2回行動
特技イオラ/はげしい炎
弱点デイン
ワイトキング
特性-
特技バギマ/こおりの息
弱点メラ/ギラ/デイン

倒す優先度

3戦目攻略法

フバーハ/マジックバリアがあると楽

3戦目の出現モンスターは強力なブレス/呪文を使ってくる。「ピオリム」と並行して「フバーハ/マジックバリア」もかけて、被ダメージを軽減したい。

デイン系特技でHPを削っていく

3戦目の出現モンスターは全員デイン系が弱点。上記の倒す優先度に沿って、ホーリーラッシュ/ライデイン」で弱点を突いてダメージを与えていく。

ワイトキングを残してMP回復

3戦目終了間際でMPに余裕がなかったら、ワイトキングだけ残して防御しよう。「自動MP回復」/MP回復できる装備を持たせているモンスターのMPを全回復してから、次戦に臨むのも選択肢の1つ。

MP回復できる主な装備はこちら

▲MP回復スポット

究極転生への道 4戦目攻略

Sキラーマシン
特性AI2回行動
特技はやぶさ斬り/らいじん斬り
弱点バギ

倒す優先度

4戦目攻略法

ピオリムで回避率の底上げ

4戦目はSキラーマシンの物理攻撃が強力。1ラウンド目に「ピオリム」を2段階アップ状態にして、以降、効果を持続して先制率/回避率を上げよう。

ピオリムの持続方法はこちら

ソードクラッシュで斬撃を封じる

Sキラーマシンの斬撃による被ダメージが大きい。「ソードクラッシュ」で斬撃を封じることができれば、被ダメージを大きく軽減することが可能だ。

ソードクラッシュを覚えるモンスターはこちら

倒す優先度を見極める

出現するモンスターは毎回異なる。出現したモンスターに合わせて、上記の倒す優先度順に倒していこう。ここを突破すれば、クリアは後少しだ。

究極転生への道 ボス戦攻略

倒す優先度

ボス戦攻略法

ひん死状態で行動させない

どのタマゴもひん死状態になると、会心率が高くなる。ひん死状態で行動させないように注意しよう。弱点はないので、「はげしいおたけび」などで行動停止にしつつ、ダメージを与えていこう。

はげしいおたけびを覚えるモンスターはこちら

ミッション/討伐リスト情報

ミッション

ミッション報酬
どうぐを使わずにクリア1,000,000G
仲間を一度も倒されずにクリア超マスターエッグ
(ザオリク)

討伐リスト

エンぺラン

※討伐リストは毎月末日の18時59分にリセット

討伐数報酬
1体ジェネラン 1体
3体上スタミナ草 3個
5体エンぺラン 1体
10体ジェネラン 3体
15体上スタミナ草 5個
20体エンぺラン 1体

DQMSL 関連記事

この記事を読んだ人におすすめ

© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO
developed by Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

究極転生への道 みんなの攻略パーティ

MICKEY
338941

【究極転生への道 攻略パーティ】
1:ライオネック(割と初期からお世話になってます
2:マポレーナ(万能補助マンやね!)
3:魔女グレイツェル(最近、福引きでキタ~)
4:凶アークデーモン
5:ダークサタン
6:プリンスモーモン(フレンドさんどうも)
悪魔系パーティーのみでクリアのミッション。
【攻略のポイント】
 ギガデイン、メラゾーマ、バギクロスが弱点で入るので、まがまがと倒すいつものアレでした。(o^^o)
 ライオネックは悪魔系の素早さ18%アップなので、マポレーナのピオリムと併せてこちらが先制で動けます。途中、ブラックドラゴンにマホカンタが掛かって反射状態になる事くらいかな。そこはグレイツェルのプチマダンテと、他は通常攻撃で地道に落としました。
 黄金の巨竜の耐久パ攻略に向けて(笑)、凶アークとダークサタンを育てていたので、MP自動回復とベホイミ&マラー、ギガデインに感謝。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

ドラクエスーパーライト 掲示板

モンスター

モンスター一覧

とくぎ・呪文効果一覧

転生素材一覧

クエスト攻略

クエスト一覧

竜神王の試練

幻魔降臨

魔戦士降臨

曜日クエスト

闘技場

その他

DQMSL基本攻略

初心者向け

モンスター育成

装備と錬金

その他

リセマラ/最強ランキング

ステータスランキング

ガチャシミュレーター

ドラクエモンスターズ 新着記事

クエスト

モンスター

装備

特技

特性

その他

更新ページ

モンスター

クエスト

その他

特技

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中